google検索エンジンのアルゴリズムとその仕組みについて

皆さんがパソコンでいつも無意識に使っている「検索」の機能ですが、どの様な仕組みで検索したサイトが表示されているかをご存知でしょうか。星の数ほどある世界中のサイトから目的とするサイトを自動的に絞り込んで表示してくれる大変便利なものです。この様に必要な情報を得るためのサイト情報を瞬時に得ることができるのがgoogleランキングシステムです。

このgoogle検索エンジンで目的の単語を入れるだけで何で目的のサイトの一覧が表示されるのだろうか。ほとんどの人はそこまで考えた事は無いと思いますが、その検索システムの仕組みとアルゴリズムの概略だけでも理解することは、SEO対策を行っていく上でも役立つことでしょう。

1. 検索エンジンとは何かを理解する

現在、検索エンジンは私たちにとって必要不可欠な存在になっている。パソコンで情報を探す際に検索窓に必要なキーワードを入力するだけで、それに関連するサイトがスピーディーかつ正確に一覧表示されるというとても便利なシステムです。このシステムのことを「検索エンジン」といいます。

この検索エンジンのシステムは無ければ皆さんは目的のサイトを探し当てることが出来ないでしょう。世界中に存在するサイトを一定のアルゴリズムで整理して順番に表示してくれるシステムを普段から無料で当然の様に使っていますが、それがどれだけ重要で有難い存在なのかを理解出来ている人は少ないのではないでしょうか。

2. 検索エンジンの仕組みについて

それでは、google検索エンジンがどの様にして世界中のサイトを認識し、どの様にして表示順位を決めているのかを分かりやすく確認していきましょう。この概念の概略だけでも理解しておくことでSEO対策への考え方も正しい方向へ導かれていきます。要するに、 google検索エンジンの概念を理解することがSEO対策への一番の近道だという事なのです。 

googleクローラーが日々行っていることは以下の3つに分類される。

それは、「クローリング」、「インデックス」、「表示順位の決定」という内容になります。

2-1. クローラーによるクローリング

インターネット上には「クローラー」と呼ばれるgoogleのロボットが存在します。ロボットといっても目に見えるものではなくプログラムと思ってもらっても良いでしょう。このクローラーがWEB上に公開されているサイトを順番に訪れて情報を収集していく事を「クローリング」と呼びます。

新しく公開されたサイトはクローラーが訪れてクローリングされる事によりその際との存在を知ることが出来るのです。googleがクローリングに訪れる周期などの詳細は公開されていませんが、googleサーチコンソールによってインデックス登録をリクエストすることは可能です。または特に何もしなくてもインデックス登録はされますが時期は未定で確約されるものではありません。また、インデックス登録されたかどうかは googleサーチコンソールを使えば確認することが可能です。

2-2. インデックス

クローラーがインターネット上のWEBサイトをクーロールして得たデーターをgoogle専用のデーターベースに登録していく事を「インデックス」すると表現します。登録する際にはWEBサイトの内容などに基づいて詳細カテゴリー別に分類、整理されて所定の場所へ保存されます。

そして貴方が検索エンジンの検索窓からキーワードを入力すると、このカテゴリー別に保管されたデーターベースへ自動的にアクセスして入力されたキーワードに関連するサイト情報が即座に表示されるのです。

2-3. googleアルゴリズムにより表示順位の決定

では、インデックスされてデーターベースに登録されたサイトはどの様にして検索時の表示順位が決められるのでしょうか。

基本的にはgoogleから高い評価を受けたサイト順に表示されていると思って良いと思います。このgoogleがWEBサイトを評価するための基礎的な考え方を「アルゴリズム」といい、評価に対する基準を決めるべき項目は200項目以上あるといわれており、あなたのサイトもこのアルゴリズムを元に検索表示の順位が確定しているのです。

 

3. googleのアルゴリズムを理解することはSEO対策になる

google検索エンジンのアルゴリズムを理解することは今後SEO対策を実施していく上で非常に重要でることを覚えておいてください。なぜならば「検索エンジン = google」と考えて差し支えなく、という事は googleの上位表示に対する考え方(アルゴリズム)を理解しなければならないという事になる。 

このアルゴリズムは不変なものではなく定期的にアップデートされるものであり、アップデートされる際には事前にgoogle公式ブログなどで発表されるが、概略説明のみで残念ながらその詳細内容についてはほとんど一般公開はされていない。もし、公開されたとしてもその内容な膨大なデーターとなり解読するのはほぼ不可能と感がるべきでしょう。

よって、ユーザーに必要とされる情報を常に発信し続けていく事に考え上で、キーワードの内容を試行錯誤したりコンテンツのテキストを見直したりなどさまざまな分析を行った結果、表示順位の変動を確認するなどの繰り返しを行う事が現実的な対策方法といえるでしょう。

4. googleは良質なサイトほど高評価する

一昔前までは多少のSEO対策技術のある人が作った適当なアフィリエイトサイトや詐欺サイトなど、中身が空っぽのサイトでも上位表示が出来ていましたが、近年のgoogleアルゴリズムでは世に必要とされる良質なコンテンツサイトが上位表示を実現できるものになり、中身が空っぽのサイトは上位表示からは排除られています。

では、良質なコンテンツとはどの様なものなのかを説明しておきましょう。

4-1. ユーザーのためになるコンテンツである

googleが求めている「良質なコンテンツ」とは、内容が充実していてユーザーが求めている内容であることです。薄っぺらな内容であったり誰も必要としない内容のものは良い評価を受けることが出来ないという事です。googleクローラーはおおよそのコンテンツ内容を理解した上で評価を行うため、「内容の薄い記事」、「情報が古い」、「誘導サイトかどうか」などのほとんどがバレている事を忘れてはならない。 コンテンツの内容を充実させてユーザーの満足度を上げることが重要になる。 

4-2. オリジナル性の高い内容である

コンテンツの内容についてはオリジナル性がある事が必要で、理想は「他のサイトから提供されていない新しい情報」が必要です。他のサイトの情報のコピペはgoogleからペナルティーを受けますので注意してください。

4-3. 内容が分かりやすい

記載内容が正確である事は勿論ですが、表現もわかりやすく誤字脱字や文法の間違いないユーザーにとって読みやすい内容であることが必要です。その際には、文字の大きさや句読点の使い方、段落やスペースの使い方などの工夫もすると、より分かりやすいユーザーに親切なコンテンツになっていくでしょう。

4-4. 内容が随時更新されている

サイトはいったん作れば終わりではありません。状況に応じて情報を入れ替えるなど常に更新していく必要があります。例えばブログの場合はブログ記事をどんどん追加していく必要がある。いつまでたっても記事の追加や更新が無いブログはメンテナンスされておらず放置状態だとgoogleに判断されても仕方ありません。投稿済みの過去のブログ記事であっても情報が古くなった場合などは内容を更新したり記事を削除しなければならない場合もあります。

5. まとめ

如何でしたでしょうか。要するに「上位表示するための裏技」は存在しないわけです。googleが求めている良質なコンテンツ作りをコツコツと実施して、ユーザーの求めている情報を正確に発信し続けて評価を得るように努力するという事が上位表示のための一番の近道なのです。そのためにはgoogle検索エンジンの仕組みとアルゴリズムを知っておく必要があります。